旅する女のラプソディー

20代をニューヨークで生き、離婚して帰国、環境問題に目覚めたシングルマザーの子連れアメリカ留学。40歳で大学卒業、45歳で大学院卒業、55歳で妊娠、出産。科学を愛し、旅をつづける女の半生、高齢出産やナサ(NASA)での仕事、アメリカ暮らしのあれこれなど、など

風つうしん 復活

 

今から25年前の1995年7月、七夕の日に日本を出た。

13歳の娘と私、そして犬のケンケンを連れて再びアメリカへ。

環境学の勉強をしにワシントン州オリンピア市にある州立のエヴァグリーン大学に入るため。*1

オリンピア市はワシントン州のキャピタル(首都)で太平洋に面した静かな街。パシフィックノースウエストに位置するワシントン州シアトル市から車で1時間ほどの南に下ったピュージェット湾の一番奥にある街。秋になれば鮭も上がってくる。

 

直行便でシアトルまでのはずがアニマルカーゴの空調が効かないということで変更になったフライトはロス経由で、

このロスでの乗り換えは大変だった。国際線から国内線への移動は空港の外。

ロスの太陽が容赦無く照りつけるコンクリートの通路とも言えないビルの傍をスーツケースや段ボール箱、そしてケンケンの大きなクレートを積んだカートを押して歩いた。娘がとても不安そうだったのを覚えている。

 

無事シアトルに到着そこから車で南に1時間ほどのオリンピア市で暮らし始めた。

私はその近況を一枚のリーガル紙に「風通信」と題して日本の友人や恩師に送っていた。1、2ヶ月に一度、リーガル紙いっぱいに、

無事アパートに落ち着きました。仕事探し中です、

なかなか仕事見つかりません、とか。

f:id:Astromoko:20201215195543p:plain

無事アパートも見つかって落ち着いた日。

近くにあるターゲット(ディスカウント・デパートメントストア)で安い折りたたみ式のテーブルやイスを買って食器などは全部グッドウィルというセカンドハンドのお店で揃えた。

犬のケンケンはこの時6歳(犬の年齢だとすでに中年)

なんとお行儀の良い犬なんでしょう。

娘が何かおやつでもお皿にもるのをちゃんと待っています。

八月末に、中学生の娘はアパートから歩いていける中学校に入学。当時ワシントン州ベトナムラオスなど東南アジアからの難民を受け入れており、アジア人はたくさんいたけれど中学校に日本人は彼女一人。

ベトナム人ラオス人に混じって第二外国語ESL)としての英語クラスで英語の習得が始まった。ニューヨークで生まれたとは言っても6歳で日本に帰国してからは私が友人と開いた英語塾でちまちまと習っただけだから、かなり忘れてしまっていただろう。

クラスメートがみんな母国語で喋ってばかりいる中で彼女は一人頑張っていた。

離婚してニューヨークから日本の実家に帰った時も彼女はきっと大変だったに違いない。小学校から泣いて帰ってきたこともあった。この時はクラスのみんなの日本語がすぐには聞き取れなかっただろうし。

マンハッタンのイーストヴィレッジにあったデイケアで一番活発でおてんばだった娘は田舎の小学校でだんだんシュンとしていったのかもしれない。*2

当時の私にはそれを思いやる余裕がなかったのだろうか。「泣くんじゃない」と逆に叱咤したように覚えている。当時の日本、しかも田舎では子連れの出戻り、シングルマザーにはまだまだ居場所がなかった。

それでもだんだん友人もできて、いろんな人たちに助けていただき、シングルマザーの生活は落ち着いていった。娘のクラスメートの親でもあった工務店の友人と、高校時代の友人に助けられて塾を開こうということになった。高校時代の友人が数学を担当し、私が英語を担当するということになり、小さいけどとても立派な8畳ぐらいの塾を工務店で建ててくれた。トイレ付きで窓がたくさんあり、六人ぐらいが楽に座れるテーブルとホワイトボードも用意してくれた。工務店の友人には不義理をしてきており、機会があったらぜひ一言お詫びと感謝の気持ちを伝えたいと思っているのだが、あれから25年もたった今、行方が掴めない。

当時、私は若かったとはいえ、今になって人の恩というものが、身にしみる。

那須高原教会の牧師夫妻にも本当にお世話になった。このことはまたあとで詳しく書きたい。

だから、風通信はこの那須高原教会と幾人かの親しい友人に向けて発していた。*3

 

オリンピア市に落ち着いて4ヶ月後、私は無事仕事を見つけた。

幸運にも新聞の求人広告に「輸出入(Import/Export)コーディネーター募集、サイツ・ジャパン(Sight Japan, Co, Ltd)」とある。これは当然、日本語が話せたらゼッタイいけるだろう。

早速、面接。

車で15分もしない隣町の普通の家、事務所というのはボスのオフィス。ボスの名前がもう思い出せない。思い出せるのは彼はネパールで20年ぐらい宣教師をしてきて引退してアメリカに帰ってきたことぐらい。ネパールで宣教と聞いてとても親しみを感じたのを覚えている。私も1989年にネパールに旅をしている。

即採用が決まって、次の日からコスコ(日本ではコストコというらしい)やサムズクラブ(ウォルマート)などの大型ディスカウントショップで商品リサーチが始まった。

それからしばらくして日本からのバイヤーの案内、商談の通訳、輸出入コーディネーターとしての仕事が始まった。

シカゴの国際トレーディング・ショーなどにも出張し、仕事は楽しかった。

当時日本はバブル好調期でバイヤーはしょっちゅうやってきた。私も一度日本の本社に呼んでいただいて、山形の当時ジョイ(JOY)と言っていたホームーセンターの見学などをして、社長や部長などとカラオケなどに行って楽しんだ。実はこの社長もネパールで宣教師として働いていたらしい。もちろん、ちゃんと仕事もした。日本にあってアメリカにないもの、あるいはアメリカにあって日本にないものなど、売れ筋や確実商品などの調査。

当時、木酢液というのがまだ炭焼きの盛んなアジアのどこかの国から日本に入り始めていた。木酢液は炭を焼いた時などに抽出できるエキスで土壌の改良や防虫剤として効果がある。当時はまだアメリカにはなかったと思う。インターネットが今ほど普及していなかったころ。

*4

次の年の秋、私は無事大学に入学した。仕事をパートタイムにして。

エヴァグリーン大学はトライメスターという学期制になっていて春、秋、冬学期、そしてサマーコースもあった。確か冬学期を終えたころ、奨学金が入るようになって仕事はやめたように覚えている。

 

これから、またこの通信を復活できたらいいなと。

今度は見も知らぬ人たちにも向けて。

何か発信できたら、と。

 

 

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村 ブログランキング・にほんブログ村へ

 

 

 

 

 

 

*1:大学入学などについてはいずれまた「子連れ留学珍道中」で

*2:娘は現在三児の母となりNPOを立ち上げて代表を勤めている - NPOCollaborative Cataloging Japan

*3:那須高原教会:

www009.upp.so-net.ne.jp

*4:サイツジャパンとは当時の株式会社JOYの子会社:

ジョイ (ホームセンター) - Wikipedia

コロナ禍の中で思うこと

 

 

アメリカでは今現在、コロナ感染者数が一億三千万人を超えようとしている。

そして死者はその2%。2%ということは百人に二人が死んでいっていることになる。

アメリカのみんな、本当にこの実態、わかっているのかな。

 

マスクをしない自由をうたっているアメリカ人がいる。

アメリカでは人権の要素として宗教の自由、言論、表現の自由が認められている。

マスクをするか、しないか、は

好きな服装をする、のと同じことで、したくないから、しないのだ。

だけど百人に二人が死んでいっている事実を知らないのか、

無視しているのか、

それともこれはフェイク・ニュースだとでも思っているのだろうか。

多分そういう人たちはジョンズ・ホプキンス医科大学のコロナマップを一度も見たことがないに違いない。

赤い丸がどんどん大きくなってアメリカ中がもう真っ赤なのに。

 

多分、日本には表現の自由を主張して、「マスクはしたくない」

なんて人はいないんじゃないかな。

だってコロナにかかったら死ぬかもしれないし、

他の人たちに移してしまうかもしれないし、

 

私の大好きなアメリカはどうしてしまったんだろうか。

自由で快活でどんな人も受け入れる懐の大きいアメリカ。

シングルマザーでも大学へ入れて、学生俸給ももらえて。

苦労するけど、苦労しがいのある、

夢を叶えることが可能な国、

アメリ

 

f:id:Astromoko:20201128221435p:plain

ジョンズ・ホプキンス医科大学コロナ感染マップ ー

coronavirus.jhu.edu

 

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村 ブログランキング・にほんブログ村へ

 

 

カルメ焼きの思い出

 

さて先日、サンクスギビングということでデザート2種作った。

一つはパンプキンパイ、

もう一つはパンプキンプリン

野菜をなかなか食べない娘になんとかかぼちゃを食べさせたい

という思いから

 

パンプキンプリンは

カフェ・ショウゾウでおなじみのかぼちゃのプリンだ。

だけど、カフェ・ショウゾウのようにはいかない。

注:カフェ・ショウゾウというのは那須高原や黒磯というひなびた町から始まって最近ではトウキョウやなんかにも進出しているらしい。

 

 

まずはカラメルを作る。これがなかなか難しい。

カフェ・ショウゾウのように苦めのカラメルにしたいのだが、その美味しい苦めを出すのが難しい。

 

色だけ見ているととっても綺麗なカラメルブラウンなのだけど、いつも水を入れるのが早すぎて、ちっとも苦味が出ないのだ。

 

焦がしちゃいけないんだけど、焦がさなきゃ、苦味が出ない。

ちょうど良く焦がす、その加減が大事。

 

カラメルのなんとも言えない香りで思い出すのはカルメ焼きを夜中に七輪でごそごそと作り出す見川センセのこと。

「医者ともあろうものが」だったかな

センセの奥様が

「アンタ、夜中に何ゴソゴソやってんのよ」というくだりが浮かんでくる。

 

わたしは那須高原、それも標高800メートル以上の山の中で育った。

見川センセんっちは目と鼻の先。

 

f:id:Astromoko:20201204074522j:plain

那須連山 写真:大沼カズヒコさんより

見川センセとは、見川鯛山先生のことで山里の小さな診療所での出来事や小さな温泉街の人々のことを

「医者ともあろう者が」や

「本日も休診」

などを書かれており、

とっても有名な釣り名人兼、医者兼、作家センセイである。

 

わたしはこのハンサムで粋なセンセに小学校から中学といつも針で刺されたり

裸をみられたりしてきた

だから、わたしとセンセはタダの仲ではないのだ。

とっても親密な仲なのだ。

 

いろんな予防接種や健康診断で、

「オメエ、大きくなったな」とか、

「母ちゃん、元気か」とか、

わたしは有名人ととっても仲がいいのだ。

 

離婚して那須の実家へ帰ってきてからも

早くにご主人を亡くされた後家さんとか、センセにご中心な友人を誘って、

なんやかんやと理由を作っては有名人のセンセの家へ押しかけた。

 

センセはわたしの師匠である。

「センセ、わたしもモノ書きになりたいんですが、

いったいどうやったら、センセみたいな文章書けるんでしょうか」

「そりゃ、オメエ、百書いたら七十は削んだ」

「削って、削って、削りきって、それでもまだ削りたんないことのほうが多い、

そういうもんだ」

この訓戒をいつも胸に、わたしは精進しているのだ。

 

わたしなんか、まだまだ、削りきれなくて

見川センセの足元にも及ばないのだ。

 

やっぱり、七輪でも買って、夜中にゴソゴソとカルメでも焼いてみないと、

ホントのモノ書きにはなれないのかもしれない。

 

 

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村 ブログランキング・にほんブログ村へ

 

 

61歳のユウウツ

 

f:id:Astromoko:20201124195631p:plain

おぼろげなぼやけた陽だまりの中で61歳のウツを思う ー カフェ物語


二、三日前から、マスタークラス(MasterClass)でニール・デグラス・タイソンの講座をとり始めた。このところしばらくうつ状態だったから、一体どうしたらいいかと悩んでいた時にニールの宇宙からの視点でモノを考えること(Cosmic Perspective)や、真理探究の真髄、科学の話しに触れて、ウツがいっぺんに吹っ飛んだ。

クリスチャンの人たちなら、きっとこういうだろう、「神様から離れて生きてはいけません」

私の場合は「科学から離れては生きていけないのだ」

科学する心と頭を最近、すっかり使ってなくて。主人とは喧嘩ばかり。

「あなたが、ああ言ったんじゃない」

「いや、お前がこう言ったんだよ」

ディッシュ・ウォッシャーの位置が変わったとか変わらないとか、ってことで言い合いになって。バイポーラーの夫とは結婚して10年。彼は薬で調整してるからいいけど。私は仕事にも行きづまってて、コロナで映画にも居酒屋にも行けないし。

ウツが、ウツ、ウツっと頭の真から始まって、胸の中心まできちゃってた。

6歳の子供には当たれないから、どうしたって、夫にハケ口が行く。

 

36歳で大学に入って学ぶことが楽しくて楽しくて、一生学生をやっていたかった。

モノはすっごく小さい粒のようなものでできており、その粒と粒の間はかなり広くって、だから壁を通り抜けることも不可能じゃない、まあ、実際にはかなり難しいけど。

環境学を学ぶはずだった大学では物質とその運動(Matter and Motion)なんていうかっこいいいコースをとっちゃたら、物理にはまっちゃた。っていうか、科学の手法とか、考え方、まずは、疑問をもつ、そしてその疑問に答えを出すための質問を考えるってことに感動して、そうだよなぁ、

日本人って、特に女だと、質問しちゃいけない、疑問に思っちゃいけないって

そんな時代に育ってるから、科学の考え方にゾッコン恋した。

それから、大学院へ進んで、アストロバイオロジーなんていう、またまた神秘的な学問に首を突っ込んで。

就職してからもなるべく午後遅い時間のコースを選んで、物理の博士課程の勉強した。難しいんだ、物理って。でもなんかワクワクするんだよね。だからトータルで8年ぐらい仕事しながら勉強した。

博士号とるはずだったんだけどねぇ。

男ってのは厄介だね。

結婚(再婚)したのが、51、それからもまだしばらく勉強は続けてたけど、アイ・ヴィー・エフ(IVF)っていう医療科学と医療テクノロジーの結晶を使って、子供作ろうか、ていう話になって。

統計力学のコースをとって、これはBをもらってよかったんだけど、ホルモン治療が始まって口から飲んだり、下からもバンバンホルモン剤入れて、少し太ってください、というドクターのお達しの通り、少しづづ肥えていってた頃、

日本では東北大震災が起きて、何か役に立ちたいと、放射性物質バケ学をとった。頑張ったんだけど、これはCをもらった。このクラス生徒三人しかいなかったんだから、他の二人がよく出来たってことだよね。

この続きはまた今度。

とにかく、私は科学から離れては生きていけない。

サイエンスのマインドフルで生きていこうっと。

 

 

 

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

 

ブログランキング・にほんブログ村へ